高齢出産にあたる年齢について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産にあたる年齢について

かつては30歳以上の人が出産する場合を高齢出産と言っていましたが、医療制度に変更があった1992年以降はそれまでの30歳から35歳以上になって初産した人を高齢出産として指すようになりました。 高齢出産にあたる年齢が引き上げられた理由は、医療が進歩したことにより危険性が減少した事や、出産時のリスクに充分に対応できる医療技術が進歩したことによるためです。 一般的に、35歳を過ぎると妊娠中や出産時に伴う危険性が高くなるため、出産や療養を区別するために高齢出産と通常出産を呼びわけているのです。 必ずしも高齢出産の人が危険性を伴っているとは限らず、20代でも難産の人や40歳を過ぎても安産の人もいますので、一概には当てはまりませんが、高齢出産の方が難産の可能性が高くなってしまうのは確かです。 また、女性は35歳を過ぎると妊娠の可能性が低くなるばかりではなく、妊娠しても流産やダウン症というリスクを増してしまいますので、不安を抱く人も少なくありません。 かつては高齢出産の場合には、医療技術も伴っていなかったことから、危険がつきまとってしまいましたが、最近では、医療の進歩が顕著ですので、妊娠中の危険性も少ないですし、分娩も問題なく普通に行われる場合がほとんどになりました。 さらに、今後は医療の進歩が一層加速し、平均寿命も長くなると予想され、高齢出産の頻度や年齢も上がっていくでしょう。 現在、日本での最高出産年齢の記録は60歳ですが、今後はこの年齢を超える出産もあるかもしれません。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.