高齢出産の方の羊水って? 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の方の羊水って?

かつて、女性は35歳以上になると羊水が腐ってくる、と問題発言をした女性芸能人がいましたが、実際に高齢出産を経験した人やこれから高齢出産を迎える人からしたら、とても悲しい気持ちになる発言だったはずです。 件の問題発言の後は、報道でも大きく取り上げられて内容が検証されたり、実際に本人から発言内容に何の根拠もなかった事として謝罪が行われたりしましたが、医学的にも年齢を重ねたからといって羊水が腐ることなどありませんし、どのような女性でも羊水は透明なのです。 高齢出産の場合でも、若い世代の場合でも、女性の羊水は循環式になっており、常に暖かくて透明な状態で、胎児の健康を守る仕組みになっているのです。 羊水は常に胎内に蓄えられており、胎児が飲んだ後は、胎児の消化器で吸収して尿として排出され、再び浄化されて胎内で羊水になるという循環する仕組みになっています。胎児からの排出が絡みますので、羊水は胎児の情報を得る為にも役立ちます。 高齢出産に限らずあらゆる出産において、羊水は量が重要となっています。したがって、超音波の検査を行う場合には妊娠週数相応の羊水量に達しているかどうかの確認が行われるのです。 普段は羊水は透明ですが、出産が近づくに連れて胎児が排出する胎便などが頻繁になりますので、場合によっては、羊水が混濁してくる場合があるのです。 この場合、濁った状態の羊水を胎児が大量に吸引してしまうと「胎便吸引症候群」という状態に陥る可能性があるのですが、多少羊水が混濁している程度ならばあまり心配することはあません。 35歳以上の高齢出産の場合には、妊娠検査や定期検査の場合に羊水検査をする申し込み用紙が入っている場合がありますが、あくまでも希望者のみに実施する検査となっていますので、羊水検査を受けるかどうかは、夫婦間で良く話し合っておきましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.