高齢出産とダウン症の関連性 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産とダウン症の関連性

高齢出産の場合に起こりうるリスクとして、多数に渡るといわれているのが、ダウン症に罹った子供を授かってしまう可能性が高まってしまう事です。 ダウン症の発症割合を年代別に見てみると、20歳未満の場合では2000人中1人程度と極めて低い割合でしか罹りませんが、これが35歳以上の高齢出産の場合には400人に1人程度の割合、45歳以上の高齢出産の場合だと30人に1人程度の割合と、年齢を増すたびにどんどんと発症の確率が高くなってしまうのです。 ダウン症とはヒトが持つ常染色体の中にある、21番染色体が健常者よりも1本多くなってしまうことを原因に発症する病気なのですが、この現象は遺伝的な要素を原因とするのではなく、偶発的な要素を原因にに起こることがほとんどなのです。 ダウン症の症状として挙げられるのは、心疾患などの合併症を引き起こす身体的衰弱や、ダウン症特有の顔つきなどの身体的特徴や、運動能力や知能の発育が遅れてしまうなどの症状が出てしまうのです。 かつでは、医療レベルが追いついておらず、ダウン症の胎児は短命になってしまう事が多かったのですが、最近では医療が進歩しましたので、ダウン症の胎児でも短命になってしまうとは限りません。 高齢出産の場合にダウン症の危険性が上がってしまう要因としては、加齢による卵子の劣化やダメージが影響しているのでは、と考えられています。 女性の体内に蓄えられている卵子は、妊娠をする時や排卵日にだけ排卵するのではなく、常に体内に存在する物ですので、加齢すればするほど衰えていってしまうのです。 また、より体内に存在する年月が長くなればなるほど、劣化やダメージは深刻になっていき、高齢になればなるほど、出産する際にダウン症の割合が高くなってしまうのです。 妊娠のタイミングや出産の希望は人それぞれですが、なるべく計画的な妊娠や出産を心がけて、胎児に危険を与えないようにしましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.