高齢出産の際に出産前検査で行う事 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の際に出産前検査で行う事

高齢出産の場合に懸念されるリスクとして、ダウン症の子供が産まれてしまう可能性が高くなることが挙げられます。 しかし、最近では妊娠中にあらかじめ検査を行う事で、出産前に胎児がダウン症に罹っている可能性があるかどうかを調べることが出来るのです。 この検査には身体へのリスクも伴いますし、出産前に胎児の情報を調べてしまうという倫理上の問題もあって、検査を実施するかどうかは賛否両論となっていますが、高齢出産の女性や遺伝性の保因者の場合には、医師から出産前にこれらの検査を受ける事を勧められたりしますので考慮してみましょう。 検査内容としては、超音波検査や血清マーカー検査、羊水検査や絨毛検査などを行って調べるのが一般的であり、いずれの検査内容も生まれてくる胎児に異常が無いかを検査する目的で行われます。 このうち、超音波検査と血清マーカー検査はスクリーニング検査と呼ばれており、特定の病気に罹っていないかどうかの可能性を調べる為の検査です。また、羊水検査や絨毛検査は確定検査と呼ばれており、胎児の異常や罹っている病気など正確な検査結果が判明する検査内容となっています。 これらの検査を通じて、高齢出産の女性が、胎児がダウン症に罹っているなどの疾患が判明した場合、出産を実際に行うか、行わないかが問題となります。 検査結果や疾患内容によっては、中絶してしまう夫婦もいますので、出産前にこのような検査を行うことが倫理的に問題視されて、検査の是非について様々な議論が行われているのです。 高齢出産の方のように、妊娠や出産の機会がある程度限られる方こそ、出産前検査を受けておくのか、出産前検査を受けた際には、悪い結果が出た場合に出産をどうするかなどを、事前に夫婦でよく話し合って、対応策を考えておくことが重要なのです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.