高齢出産と妊娠中毒症の関係 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産と妊娠中毒症の関係

妊娠中毒症は高齢出産の妊婦さんに限った症状ではなく、全ての妊婦さんが注意するべき症状です。そして、妊娠中毒症を防ぐためには、日々の生活を規則正しく送ることがとても重要なのです。 広く一般的に言われている妊娠中毒症の現れやすい症状には、むくみや高血圧、蛋白尿などがあり、検診の際には必ず検査が行われる項目でもあります。 若い世代の妊婦さんでも妊娠中毒症になる可能性は充分あるのですが、高齢出産の妊婦さんの場合には若い世代の妊婦さんと比べると妊娠中毒症が発症する割合がニ倍近くになってしまうと言われていますので、予防に関しては特に注意して日常生活を送る必要があるのです。 例えば体型が太り気味の方は、症状が出やすいと言われていますので、妊娠前にある程度体重を落としたり、体型を絞ったりしておいた方が良いと言われています。また、既に妊娠中の人はなるべく体重の増加などの変化を抑えるようにしましょう。 食生活を自己管理してバランス良く摂取するように配慮したり、普段の食べ物でも塩分を摂りすぎないようにに注意したりして、薄味の食事を多目に摂取するように心がければ安心出来ます。 また、特に注意したいのは高血圧に対してですが、年齢を重ねるのと共に自然と血圧は高くなる傾向にあると言われていますので、高齢出産を迎える女性は高血圧になりやすいのです。 年齢に関わらず、高血圧を予防する為には、なるべく疲れを溜めないように普段からゆっくりと休みを過ごすように日常生活を送るようにしましょう。 高齢出産の女性は、妊娠後期まで働いている方も多いですので、普段の疲れがなかなか取れなかったりするかもしれませんが、仕事を控えめにして体調を整えるために身体をキチンと休めるようにしましょう。 体調不良や日常生活の負担で、妊娠28週目以降になってから妊娠中毒症になる人が多くみられ、早産や流産の危険性も上がってしまうことから、事前に医師の指示を良く聞いて、日常生活を見直す様にしておきましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.