高齢出産で第二子を産もう 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産で第二子を産もう

35歳以上で初産した人などは、高齢出産だから無事に一人子供が産めるだけで充分と考える人が大半ですが、いざ出産してみると育児の楽しさや産まれて来た子供の可愛さに気付いて、もう一人子供を産んで育てたいと考える人が増えてきているのです。 将来的に産んで育てる子供は2人から3人くらいが理想と考えている女性も多いようですが、いざ第1子を高齢出産した場合には、機会的にも体力的にも無理だと諦めがちな女性も少なくありません。 しかし、初産と比べると2人目を分娩する方が掛かる時間も短く、体力的・精神的負担も軽減出来ますので、高齢出産だからといって、出産時の体力面の心配をする必要はありません。 また、事前に高齢出産後の体調を考慮して、日々の生活で体力をつける準備をあらかじめ行っている人も少なくなく、2人目や3人目の子供を無事に出産している高齢出産のケースも多いのです。 第一子を高齢で出産した場合には、そのうち2人目が欲しいと漠然と考えているだけではさらに年齢を経て出産が難しくなってしまいますので、早めに妊娠・出産計画をして準備を整えておくようにすると良いでしょう。 あらかじめ2人目計画をしてある人や、出産後に子育てを行いながらもう一人出産したいと思った人は、夫婦間でよく話し合っておき第二子をいつごろ出産するかを計画しておきましょう。 第1子が高齢出産だったからといって、第二子の出産を諦めるのではなく、出産が可能な年齢のうちは夫婦でしっかり協力し合って、医師の指示を良く守るようにしましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.