経産婦が高齢出産する場合 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

経産婦が高齢出産する場合

女性の晩婚化や仕事の社会進出が進んだことによって、女性が高齢出産で初産するケースが増えてきていますが、経産婦の女性でも高齢になってから再び子供を産むケースが多くなってきています。 例えば、一人目の子供は20代で出産して、二人目の子供を40歳近くなってから出産するというケースが増えてきていますので、年の離れた子供同士を持つ母親も少なくありません。 また、一人目の子供を早い世代で出産した女性はその後すぐに仕事復帰を果たすことが出来、その後の社会生活でも育児と仕事を両立している場合も多いのです。その後、年齢を経て妊娠や出産のタイムリミットが近づいてきてから、二人目の出産を考えるようになって高齢出産に至るのです。 最近では高齢出産の人が増えてきましたので、自分の周りに高齢出産をした人がいれば高齢で初産した場合の経験談などを聞くことで、自分も高齢出産が大丈夫そうだからもう一人子供が欲しい、産んでおきたいと思ったりするのです。 初産から数年のブランクがあって不安を感じたり、高齢出産に伴うリスクを知ったりして高齢出産を躊躇する人も少なくありませんが、不安な部分ばかりをクローズアップして考えるのではなく、新しい生命が誕生する感動をイメージしたり、プラスの面に注目したりして高齢出産に臨みましょう。 高齢出産で第二子が誕生したときに、上の子が既に小学生ぐらいの年齢になっていた際には、出産や育児をサポートしてもらえますので、その後の子供の教育にもプラスに働きます。 また、一人目の子供を出産する時には存在しなかった育児サービスや妊婦さんへの支援制度など色々と変わっている部分も多くありますので、高齢出産に際して安心して望めるような体勢に社会が変化してきたことも、経産婦での高齢出産が増えている理由なのです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.