高齢出産は難産になってしまう? 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産は難産になってしまう?

高齢出産の方はお産が難産になりがちだとという話が良く聞かれますが、出産する女性にはそれぞれ個人差がありますので、必ずしも難産になるとは限りません。

 

初産の場合は、一般的に陣痛から分娩まで14時間以上掛かるといわれています。また、経産婦でも10時間ほど時間が掛かるのが一般的です。出産が、長引く場合の遷延分娩の際には初産で30時間以上、経産婦でも15時間以上掛かると言われています。 高齢出産が難産になると言われている主な理由としては、女性の産道が硬くなっているために赤ちゃんが子宮から出てくるまでに時間が掛かってしまい、出産までの時間が非常に長くなり難産となってしまうのです。

 

若い方の場合は産道の伸縮性が良い上に、周囲の血管も柔らかいので安産になりやすいのですが、高齢出産の方の場合には、産道も血管も硬くなっていますので、出産が難産になるばかりではなく、血圧の上昇という心配も出てきてしまうのです。 また、自然分娩の場合だと分娩時間が長引いてしまうというだけではなく、分娩時間が長引いてしまう事でお腹の赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまう可能性が高まってしまうため、高齢出産の方の中には最初から帝王切開を選択する人も少なくありません。

 

 自然分娩で出産を希望している場合でも、分娩時間が掛かり過ぎるおそれがある場合には、母子共の状態を確認して、安全を確保する為に急遽帝王切開に移行する場合もありますので、事前に医師からの説明をきちんと受けて確認しておくようにしましょう。 高齢出産の場合でも、いたって安産なうえに短時間で出産が終わったという話も少なくありませんので、全ての高齢出産が難産になるとは限りませんが、出産や分娩が長引く場合があるという事をあらかじめ知っておきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.