高齢出産の方向けの分娩方法について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の方向けの分娩方法について

高齢出産の場合は自然分娩を希望していても、必ずしも自然分娩出来るとは限らず、担当している医師から帝王切開を進められる場合もあるのです。 帝王切開という分娩方法だと、身体に傷跡が残ってしまいますので抵抗感を示す人も多いようですが、お腹の赤ちゃんと母親の身体を第一に優先する為のより良い判断ですので、医師の指示に従った方が安全で良い結果が得られます。

 

 分娩する前から帝王切開を予定している場合と、高齢出産であることが原因で自然分娩の時間が予定よりかかりすぎてしまった場合に、急遽帝王切開手術となるケースもあり、母体の身体と赤ちゃんの安全を確保するためには、必要な選択なのです。

 

 帝王切開の方法は、腹部と子宮を切開して、赤ちゃんを直接取り出すのですが、全身麻酔ではなく、下半身麻酔で帝王切開が行われる事がほとんどですので、出産の際には、赤ちゃんの産声キチンとを聞くことが可能です。

 

 高齢出産の場合には、吸引分娩もよく行われる方法のひとつです。これは、子宮口が開いているにもかかわらず、赤ちゃんがスムーズに出てこない場合に用いられる方法です。 具体的には、シリコン製などの吸引カップを用いて、胎児の頭にこれを吸着させて子宮外へと取り出す方法です。必ずしも万事安全とは限らず、様々なリスクが存在しますが、緊急を要する場合に用いられることがほとんどですので、医師の判断に任せて出産するようにしましょう。

 

カップで吸引することによって、出産した赤ちゃんの頭が変形してしまうといった心配もあるのですが、出生後しばらく時間が経過すれば形も自然と治りますし、脳への影響が発生することも特にありませんので、安心してこの方法を利用すると良いでしょう。高齢出産や自然分娩いずれにしても、赤ちゃんと母体に危険が伴わない出産を心がけるようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.