高齢出産に掛かる費用について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産に掛かる費用について

妊娠してから出産するまでをトータルすると多額の費用が掛かってしまいますが、この費用は高齢出産でも通常の出産でも大差なく、高齢出産だから特別に高額な費用が必要になるという事はありません。

出産の費用は、一般的に30万円から60万円程度が相場と言われていますが、この費用は出産する病院の違いで変動しますし、入院や出産を相部屋で行うか、個室で行うかによっても大きな差が出ます。

また、出産時に自然分娩だったか帝王切開が必要だったかという、分娩方法によっても出産費用は大きく変わります。しかし、出産の際には、逆子の場合や緊急を要する場合などがあるため、計画して費用を抑えたりすることは難しく、必ずしも思い通りになるとは限りません。

 

35歳以上の高齢出産の方には超音波検査が無料で行えるという特典がありますが、その他の出産までに必要な検診の費用は、1回の検診で3千円から6千円ほど掛かります。妊娠や出産にあたって特に問題無く済んだ場合でも、5万円から6万円程度かかる計算となりますが、高齢出産につきまとうリスクである妊娠中毒症などを発症してしまった場合には、検診の回数も増えますので、自然と費用も増えるようになってしまうのです。

分娩方法も自然分娩に限らず様々な分娩がありますので、どのようなスタイルで出産を行うか、それに伴う費用はどのくらい必要なのかを事前に調べておきましょう。入院する病室が、個室なのか相部屋なのかは事前に決められますが、休日や深夜料金がかかる病院が殆どですので、少し余裕を持って費用を用意しておいたほうが無難です。

 

病院に限らず、助産院での出産や自宅出産などの方法もありますが、様々な症状に対してのリスクが高い高齢出産の人は、病院での分娩する方が安心でお勧めです。出産費用だけではなく、出産後の赤ちゃんに必要なベビー用品や、出産祝いのお返しの費用なども事前に考慮して計算して用意しておくと、意外な出費にも対応出来ます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.