高齢出産についての基礎知識 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産についての基礎知識

高齢出産とは医学の分類上35歳を越えた女性を対象にしており、様々な検査が高齢出産の際には追加されるようになっていますが、35歳という年齢に達していないから安心というわけではありません。

 

35歳を超えたからといってその年齢から急激に身体的な問題が生じるわけではなく、30歳を過ぎた頃からは既に身体的に気をつけなければいけないのです。 35歳以上に初産を迎えた人を高齢出産と呼びますが、現在では経産婦に掛かった時でも同じように高齢出産と呼ばれ、羊水検査や妊婦検診が細かく行われます。

かつては結婚の年齢も早かったため、出産も20代で経験する人が多数でしたが、最近では晩婚化が進んだり、女性の社会進出が進んだりしたことによって、高齢出産がとても増えてきました。

昔は高齢出産に対する医療体制も現在ほど進歩していなかったため、30代以降の妊娠や出産はとてもリスクを伴う物として認知していましたので、現在でもこのような情報が根強く残っているのです。しかし、最近では高齢出産のケースが増えたことと、医師のサポート体制が確立してきたことで、妊娠中毒症や合併症のリスクが軽減され、高齢出産でも安心して出産出来るようになったのです。

 

高齢出産というとリスクがつきまとうイメージを思い浮かべがちですが、高齢出産に伴うメリットも数多く存在しますので、必要以上な心配をせず、リラックスして妊娠中を過ごすようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.