男性の視点から見る高齢出産とは 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

男性の視点から見る高齢出産とは

高齢出産というと、女性が妊娠した年齢が35歳以上にあてはまる事をイメージしますが、女性だけではなく、男性の精子も加齢によって様々な影響が出てくるようになり、高齢出産の原因ともなりかねないのです。

高齢になってからの妊娠や分娩には様々なリスクを伴いますが、リスクの元となる年を重ねたことによってダメージを受けている卵子と同じ様に、高齢の男性の精子にもダメージがあるのです。

また、赤ちゃんが欲しいのになかなか妊娠に結びつかず、結果的に高齢出産になってしまうという人はとても多くなっており、この原因は女性だけではなく男性側にある事も少なくありません。
女性が年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が減っていくのと同じ様に、男性も加齢によって男性ホルモンが老化するようになってしまって、元気な精子が作られなくなるのです。
高齢出産のケースでも、夫婦のどちらかが若いといった場合や、二人とも35歳以上の場合など多岐に渡りますので、それぞれ様々な状況ですが、妊娠を希望しても2年以上妊娠出来ない場合は、夫婦2人のうちどちらかに身体的な原因がある可能性も大いにあるのです。


なかなか妊娠できないのに何の検査も行わなかった結果として高齢出産に至る、というケースも多いですので、妊娠を望んでいるのになかなか妊娠出来ない人は進んで検査を受けるようにしましょう。
特に、男性はこのような検査を受けるのに抵抗がある人が多いので、どうしても女性側に原因があると決め付けがちですが、夫婦で協力して病院へ行って一緒に検査を受けるようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.