超高齢出産について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

超高齢出産について

高齢出産とは一般的に35歳以上の女性が出産することを指しますが、高齢出産の年齢の上限は何歳までと決まった定義がされているわけではありません。 女性が妊娠可能な年齢までは高齢出産可能年齢にあてはまり、卵子が排卵される閉経までは妊娠が可能なのです。つまり、閉経後の妊娠や出産は妊娠可能年齢として考えられない事となっています。 しかしここ数年で、超高齢出産という専門用語が作られ、50歳以上の閉経後の女性でも妊娠や出産が可能になったのです。 一般的には閉経後の女性は排卵が行われませんので、自然に妊娠する事はあり得ないのですが、現代の医療の進歩によって妊娠することが可能になったのです。 方法としては、卵子や精子を凍結保存しておいて、人工のホルモン注射によって閉経後の女性でも胎児が着床出来るような体になり、超高齢出産として赤ちゃんを産めるようになるのです。 日本でこの方法を用いて超高齢出産をする人はあまり見かけませんが、先進医学が民間に浸透している海外ではこの方法によって妊娠、出産するケースが少なくありません。 50代での超高齢出産を行う人にそれぞれの理由があるのですが、自然な妊娠ではありませんので日本のみならず海外でも賛否両論を巻き起こしています。 超高齢出産だと、様々なリスクがあったり、出産後の育児などにも問題が発生してしまいますが、50代でも妊娠や出産が可能と言うことは、高齢で子供が欲しいと望んでいる沢山の女性に希望を与える事になるでしょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.