高齢出産で良く聞かれる質問について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産で良く聞かれる質問について

高齢出産という特別な表現をされると、35歳以上で妊娠や出産を考えている女性にとっては様々な心配事が出てきてしまいます。 実際に高齢出産を迎える女性からよくされる質問には、「どのようなリスクがあるの?」「高齢出産と普通の出産とはどう変わってくるの?」「出産のタイムリミットは何歳くらい?」などが挙げられます。 まず、高齢出産のリスクに関しては流産やダウン症、妊娠中毒症などの症状が若い人の妊娠中と比べると、高齢出産の場合には発症してしまう確率が若干上がってしまうのです。 若いうちに妊娠や出産すればこれらの症状を発症する確率が無くなる訳ではありませんし、高齢出産に限らず誰もが罹る可能性を持っていますので、高齢出産だからといってあまり深刻にリスクを考えすぎずに大きな心で構えるようにしましょう。 次に、高齢出産と若い世代の出産方法の違いについてですが、どちらの出産の場合でも普通分娩か帝王切開のいずれかの方法をとるのです。 普通分娩を望む女性が大半だと思いますが、胎児の安全を第一に考えた場合、帝王切開が必要になる場面も少なくありません。 また、20代だから、30代後半だからという年齢的な理由で分娩方法が決まるのではなく、分娩時の進行状態や身体状態によって分娩方法が決まります。よって、高齢の場合には分娩時間が掛かる事が多い為に身体への負荷を減らす為にも、帝王切開を行うケースが増えるのです。 最後に出産のタイムリミットについてですが、子供を産みたいと望む女性にとっては非常に気になることかと思います。 平たく言ってしまえば、女性の場合は閉経するまでの期間ならば、何歳まででも妊娠の可能性がゼロになるわけではありませんので、40代に入ったからといって諦める事はありません。 妊娠・出産は女性にとっての一大イベントですので、計画的にパートナーと話し合って進めていきましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.