高齢出産で戻ってくるお金について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産で戻ってくるお金について

高齢出産の場合だけではなく若い世代の方の出産でも、妊娠中の検診や出産費用などには大変多くの費用が掛かるのですが、出産後に手続きや申請をキチンと行えばお金が戻ってくる場合があるのです。 出産する女性や扶養者が属する健康保険の加入状況や種類などによって戻ってくる費用や制度が異なりますので、自分の健康保険の種類や対象をきちんと把握して申請するようにしましょう。 高齢出産のケース全てが健康保険の適応対象になるとは限りませんので、出産後に必要な手続きを自分で忘れずに行って、受け取れるお金はキチンともらえるようにした方が経済的に助かります。 まず、出産一時金は健康保険に加入している女性ならば全員が対象となります。この場合妊娠4ヶ月以上で出産すればに申請が可能になるのです。 現在では相場として一回の出産について、約35万円ほど支給される制度になっていますが、加入している健康保険の種類によってはこれ以上の額が支給される場合があるのです。 高齢出産をした後に、直ぐに申請すれば約1ヶ月程度で指定口座へ入金される仕組みになっていますが、申請を忘れていた場合でも、出産後2年以内でしたら手続きが行えますので、忘れてしまった人は申請してみると良いでしょう。 出産の際に事前に支払う出産費用が足りない時には、出産費融資制度という制度を活用する事が出来ます。これは出産一時金の中から一時的に借りることが可能な制度です。 これらの他にも出産手当金や育児休業給付金、確定申告による還付金など、高齢出産後に費用が戻ってきたり、給付されたりするお金は色々な種類がありますので、手続きを忘れないように出産前にチェックしておきましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.