高齢出産の様々な割合について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の様々な割合について

女性が高齢出産をする際には、身体的・精神的に様々なリスクが伴ってしまいますが、20代から30代前半で出産する場合と比べてみるとどの程度の割合が異なるのかを知っておくと、高齢出産の現状を知る手助けとなります。 かつては、医療が現在ほど発達していなかったことに加えて、女性の社会進出もあまり進行していなかった為に、30代後半で出産する高齢出産の割合は全体からみるととても少なくなっており、現在の高齢出産の状況とは比べものにならなかったのです。 しかし、女性の社会進出が進み、高齢出産のリスクを軽減出来るほど医療が発達した現在では、約10人に1人が35歳以上の高齢出産をしている計算になります。 妊娠してから出産まではむくみなどを含むの妊娠中毒症に罹らないように気をつける必要があります。妊娠中毒症の発症率は高齢出産と若い世代の出産を比べてみると、高齢出産の場合には1.8倍の発症率になるというデータとなっています。 また、高齢出産の場合には自然分娩よりも帝王切開になってしまう割合が高くなってしまいますので、高齢出産の場合には帝王切開を優先する医師が多くなっているのです。 流産の可能性を検証してみると、若い世代の方の妊娠でも10人に1人の割合で流産してしまう可能性があるのですが、高齢出産の場合には流産の割合が若干高くなってしまうのが現状なのです。 産まれてきてから胎児を母乳で育てていく割合についても、高齢出産の場合にはある程度低くなってしまうのですが、この理由は母乳の出が悪くなるからではなく、出産後仕事に復帰して働きながら育児を行っている為、母乳で育てていく割合が少なくなってしまうのです。 ダウン症を発症してしまう可能性も35歳を過ぎてからの高齢出産の場合には、若干発症割合が高くなってしまい、羊水検査などで確認することが欠かせないと考える人も少なくありません。 高齢出産の場合には、様々な病気を発症する割合が高くなってしまうのですが、妊娠や出産に臨む前に夫婦であらかじめ話し合っておき、体調管理や出産計画をキチンとすれば、安心できるお産をする事が可能となのです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.