高齢出産と流産の関係について 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

高齢出産と流産の関係について

高齢出産の場合には、出産の際無事に産まれる事無く流産してしまうリスクがある程度高くなってしまうと言われており、心配している人も多い事でしょう。 必ずしも高齢出産の方ばかりではなく、20代や30代前半の方が妊娠した場合でも、妊娠初期の段階で流産になってしまうケースもありますが、全体的な割合で見てみると、35歳を過ぎた頃から流産の危険性が高くなってしまうのです。 妊娠して出産を控えた女性が流産をしてしまうと、女性は自分の責任として精神的に辛い思いを背負い込んでしまうのですが、流産は出産時の事故ですので、あまり考えすぎたり思い詰めたりしないようにしましょう。 また、高齢出産にいたる女性には、妊娠してからも働いているケースが多く、仕事を続けたせいで流産してしまったのだと自分自身を責めてしまう人が多いようです。 高齢でせっかく妊娠したのに、流産してしまうのはとても悲しい出来事ですが、流産の原因として多いのは胎児に染色体異常が起きている場合がほとんどですので、母親の行動や身体的特徴が流産の原因になっているわけではありません。 高齢出産の場合には若い世代での妊娠に比べると、胎児が染色体異常に罹る確率がある程度高くなってしまう可能性はあるのですが、この事を防ぐための有効な方法は特にありませんので、流産してしまう事は避けるのが難しいのです。 流産は自分の責任だと一人で悲しみや辛さを背負い込んだり考え込んだりせずに、夫婦二人でキチンと話し合って乗り越えていけるように、パートナーと助け合って理解しあう生活を送りましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.