40代で高齢出産する場合 〜 高齢出産.net

main_top_over_navi
main_top

40代で高齢出産する場合

35歳以上の女性が出産する場合を高齢出産と呼びますが、30代後半で出産する高齢出産と40代に入ってから出産する高齢出産では、女性の気持ちが大きく異なるようです。 例えば、若い世代の方の気持ちの持ち方でも、29歳と30歳とではに大きな違いがあるのと同様に、39歳と40歳とでは気分的に大きな違いが存在するのです。 40代に入った女性や夫婦の方達は子供が欲しいと願っていても、これまで妊娠出来なかったのだから、と諦めていたり、子供は諦めて夫婦2人で楽しく生きていこう、と考えている人も少なくありません。 しかし、年齢が高くなっても妊娠の可能性はまだまだありますし、40歳を過ぎてから無事に高齢出産している人も少なくありませんので、妊娠を諦めずに考えている事が大切なのです。 事実、40歳を過ぎてからの妊娠は流産の確率が上がってしまいますので、仮に妊娠が出来たとしても、その後羊水検査などを行ってみると染色体異常が見つかってしまう可能性も、若い世代の方に比べて高くなってしまうのです。 高齢出産をする場合には、胎児に染色体異常が見つかってしまって流産してしまうなどという悲しいケースもありますので、事前に夫婦でよく話し合って万が一の場合を考えておくことが大切なのです。 また、40歳以上の方の高齢出産は分娩の際に帝王切開が主に行われている考えがちですが、高齢出産の半数程度の方は自然分娩で問題なく赤ちゃんを産んでいますので、安心しましょう。 出産の際の体調が仮に万全だったとしても、医師の判断によってその場で分娩方法が決められますので、帝王切開ではなく自然分娩を希望する場合には事前にしっかりと医師に相談したり、自然分娩を優先してくれる病院を探したりしてみましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 高齢出産.net All Rights Reserved.